ゲーム業界でも希少性の高いポジション、エフェクトデザイナーを育成する講座です!

合同会社Flypotでは以前より開講していた「エフェクト講座」をリニューアルし、2021年5月に再開いたします。カリキュラムにも変更がありますのでこちらの紹介ページをご覧ください。
さらに詳しく知りたい方、受講をご希望される方はTwitterリンクから弊社代表秋山までDMでお問い合わせください
また、受講を希望される方は合わせてこちらの記事もお読みください。
「エフェクト講座へのご参加をお考えの方へ」


講座内容

Unity2021.2以降を使用して用意したプロジェクトに取り組んでいただく形で課題のほうを進めて頂きます。
(下の映像は配布するUnityプロジェクトの課題画面になります)

Unityプロジェクト内の課題画面

Shuriken、ShaderGraph、エフェクト作成に関するコツなどをまとめた動画を用意しておりますのでこちらを視聴して頂きつつ、Unityで用意した課題のほうを進めて頂けますので、エフェクト制作が未経験の方でも大丈夫です。

期間についてはまず4か月で取り組んでいただき、4か月終了時の状況や希望に応じて期間の延長をさせていただきます。

1か月単位で支払いの一時停止等も行えますので、社会人の方で本業が忙しくなった際に一旦停止して空き時間ができた際に再開して頂くことも可能です。

※以前は受講時にベーシックコースとアドバンスドコースを選べるようにしておりましたが、現在は一本化しております。


作業環境

リニューアル前のエフェクト講座ではあまりうまく機能していなかった「生徒さん同士の交流」を活発にするためバーチャルオフィスサービスの「oVice」を導入しました。生徒さん同士の「雑談」が生まれやすい環境を目指しています。講師も時間を決めてスペース内に滞在していますのでその場で気軽に質問していただけます。

「oVice」でのエフェクト講座作業スペースです!

生徒作品

こちらはリニューアル前の講座に参加されていた生徒さんの作品になります。


金額

  • 個人の方   月額 28,000円(基本4か月継続後、状況に応じて延長可能)
  • 法人様名義でのお申込みに関してはメールにてご相談ください

講師紹介

合同会社Flypot代表 秋山 高廣 

弊社ではエフェクトの受注制作を専門的に行っていますがゲームエフェクトデザイナーがどの会社さんでも足りていないという話をよく耳にします。ゲームエフェクトデザイナーは業界内でも特に人手不足が顕著なポジションですので逆に入りやすいというのもあるかと思います。ぜひ講座に参加された皆さんにエフェクトのスキルを身に着けていただき、ゲーム業界で活躍していただきたいです!
(CGWorldイベント登壇多数、「Unityゲームエフェクトマスターガイド」著者)


注意点

  • 課題において作成されたエフェクト動画を本講座の宣伝目的等で使用させて頂く場合がございます。
  • 課題制作において優秀なエフェクトをデータ共有し、他の生徒さんと共有させていただく場合がございます。
  • 進みが遅いと判断した場合、講座の一時停止、退会をお勧めすることがあります。
  • 土日祝日は講師があまり活動できないため、休日にまとめて作業していただいても構いませんが土日祝日でのチェックは難しいかもしれません。
  • エフェクト自体は未経験でも大丈夫ですが、Unityの基本的な操作や基礎知識、3DCGツール(maya、Houdini、Blender等)で簡単な形状、UV展開ができるぐらいのスキルレベルが受講の最低条件となります。
  • 最低でも週15~20時間程度、講座に取り組むことができる方のみ受講をご検討ください。
  • 本エフェクト講座を完了した時点である程度のスキルを獲得していただけるかと思いますが
    就職等を保証するものではございません。