現在Unityのパーティクルシステム「Shuriken」の解説本を執筆中です。ある程度執筆のメドがつきましたので
章ごとの内容を軽くですが紹介していきます。
バージョンはUnity2018.2を使用し、ShaderGraphHoudiniの解説もしております。

 

1章


Shurikenの概要やエフェクト制作のワークフロー、Unityの各ビューの説明など基本部分の解説を行っていきます

 

2章


Shurikenのモジュールやパラメータの設定方法、UVスクロールやテクスチャアニメーションの仕組みについて解説します

 

3章


Shurikenの各モジュールとパラメータについて解説します

 

4章


この章から、Shurikenの様々な機能について学習していきます。まずは簡単なエフェクト制作を通して
Shurikenの機能を習得します

  

5章


この章から外部ツールのHoudiniとUnityのShader Graphを使用したエフェクト制作を学んでいきます。
この章ではエネルギーボールを制作します


  

6章


闇の柱エフェクトを制作していきます



7章


電撃エフェクトを制作していきます


 

8章


トゥーン系の見た目の斬撃エフェクトを制作していきます


9章


基本的なテクスチャの制作方法についてSubstance DesignerとAfterEffectsの例を紹介していきます

 

 

書籍の発売時期については2019年春~夏辺りになるかと思います。
Unity2018.3から搭載された新パーティクルツール「VFX Graph」が話題になっていますが、モバイルゲームの
エフェクト制作において、当分の間はShurikenがメインツールになるかと思われますので、本書を手に取って頂き
学習の助けとして頂ければ幸いです。

また発売時期等決まり次第、追記させて頂きます。