Googleカレンダーを使ったお仕事管理

こんにちは代表の秋山です。
ブログにエフェクト技術的なことを書いて行こうかと思ったのですが
色々と外に出せない事情があり、とりあえず仕事管理術について
書いてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

自分は仕事管理にGoogle カレンダーを使っています。
Trelloガントチャートのツールなども使ってみたのですが、
最終的にカレンダーに落ち着きました。

ガントチャートなどを使って時間単位での管理もできますが
自分の場合はガチガチに管理してもあまり
その通りに進みませんでした。
(適度な適当さがあるほうが自分的にやりやすいっぽい)

まず、期限が1週間ぐらいのエフェクトを受注した場合の
記入例について書いてみたいと思います。

 

通常このように記入すると思うのですが
図のように期間を考慮して帯状に記入した場合、
エフェクトの進捗が分かりづらく
あまりうまく機能しませんでした。
あとこれだと土日にも帯が通っててなんだか余裕があるように
錯覚しがちです。
(画像のPPはプロジェクト名等です、複数案件が同時に
進行している場合に見分けやすいです。)

自分の現状のやり方ですが、まず発注日納品日を記入します。
(色は紫を指定して基本変動させません)

次にエフェクトの初回提出日(初回チェック日)を記入します。
これはあくまで目標値で、色は赤にしてあります(未着手の状態)

初回の提出までに必要な工程

仕様書を読み込む

エフェクトの仮組み

テクスチャ、モデルの作成

エフェクトの調整

チェック素材のアップ、担当者への連絡

これらの工程が進むごとに、色を変えていきます
赤(未着手)⇒オレンジ⇒黄色⇒緑(提出完了)
緑になれば提出完了です。
よくこの手の記事で、タスクを細分化するといったのがありますが
それを色分けでおこなっています。
作業が少しでも進むたびに色を変えていけば
仕事が進んでる感を演出できます。

 

 

 

 

 

 

 

提出後、担当の方からチェックバックがあった場合は
修正という項目で再度記入します。

担当の方からOKが出れば
納品という項目を記入して納品作業を行います。

メリット

  • いつまでに 何をやるか?というタスクと、色付けにより進行具合
    把握しやすい(自分的に)
  • 帯状の記入を使っていないので変更や入れ替えが容易
    (やっぱりあっちの案件を先に進めておこうといった
    変更がすぐできる)
  • 赤や黄色の表示が増えてくることで危機感を演出し
    強制的にやる気モードに移行

 

 

 

 

 

 

デメリット

  • 10とか20とか作業が増えてくると管理が大変かも・・・。

あと打ち合わせ等の場合は、時間を一緒に入力してあげると
表示が変わって見やすくなります。
フリーランスでやられてる方なんかは自分流の管理術が既に
あるかと思いますが・・・。
お役に立てば幸いです。